事業計画

昨今の厳しい経済環境下、当地域においても街の活力に低下傾向がみられるなか、依然として回復の兆しが不透明な状況が続いています。

このような状況下で、今後の街づくり活動のあり方について理事会や分科会を設置し論議を重ねてきました。 当会を取り巻く内外の環境分析に基づき、街づくり活動の方向性については従来から掲げている『おしゃれな大人の散歩まち』を基軸としながら、さらに踏み込んだテーマとして『観光』をキーワードに取り上げました。

大阪は商業都市として発展してきた歴史があり、昭和の中頃まで心斎橋は大阪を代表する商業エリアとして集客力の高い街でしたが、時代の流れと共にその活力は低下しています。

当会の活動エリアは、大阪周辺や国内外からのショッピングやグルメを楽しむ来街者のにぎわいにより、街の活力が左右される商業地区として成り立っています。

心斎橋筋商店街やアメリカ村、長堀地下街、御堂筋・長堀通りのブランドショップなど商業エリアとしての豊富な資源を街の魅力としてアピールし、集客性を高めることが街の活性化に繋がるものと確信しております。

最近では、中国・韓国をはじめアジアからのショッピング目的の観光客が増加しており今後も拡大傾向にあります。国も観光庁を設置し観光立国を目指すことを表明しており、大阪府・市も同様に観光客誘致に向けた戦略を打ち出しています。

当会もその施策に呼応して『商業観光』エリアとしての街づくりを進めていく為に、来街者の視点から街の環境はどうあるべきか、快適に回遊できる歩道や街並み、清潔で安全安心な環境など、ハードとソフト両面から検討を重ねてまいりました。

そして、今般当会で作成した街づくり提言書「大阪・都心再生『長堀・心斎橋・南船場における観光=集客』」を、地域の皆様や関係団体並びに大阪府・市に広くPRし、積極的に提言活動を行っていきます。

また、当会の目に見える活動の原点ともいえる環境美化の清掃活動やイベント活動、会員交流活動も、皆様に喜ばれるよう中身の充実した活動を積極的に取り組みます。

会員様をはじめ、地域の皆様のより一層のご支援をいただき、当エリアの活性化に少しでも役立つよう活動してまいりたいと思います。