街づくり憲章について

憲章制定の趣旨

当地域は、江戸時代より日本、大阪のステータス・エリアを形成して来ました。
梅田・難波とは違う、大阪オンリーワンの「長堀・心斎橋・船場」のエリアを、今後も目指して行きます。

私たちの街、長堀・心斎橋界隈は、江戸時代の昔から、長堀川にかかる心斎橋の変換とともに、住民主導による新しい街づくりを展開してきました。

その時代時代が生み出したハイカラな都市文化は大阪人の心を引きつけ、今また、世界のトップブランドが進出するおしゃれな大人の街として、国内外の人々から注目されています。

しかし、21世紀はますます世界の流通距離が縮まり、地域経済といえども、広く日本の、世界の人々の心を魅了しなければ、より一層の発展は望めないでしょう。今後、この傾向はさらに顕著となり、ますます人々の価値観は多様化し、地域の商業環境は激動をきわめていくものと考えられます。

私たち地域住民・企業・団体は、こうした状況を厳しく受け止め、今後は、一丸となって街づくりを推進する必要から、街づくり協議会「長堀・心斎橋ファッションコミュニティー」を結成しました。個々の関係者が意思統一を図り、衆知を結集して一意専心、街づくりに邁進するために、ここにその精神的拠点として、長堀・心斎橋『おしゃれな大人の散歩まち-街づくり憲章』を制定します

2000年10月吉日

基本理念

長堀・心斎橋地域は、「おしゃれな大人の散歩まち」を基本コンセプトに、
以下の憲章を掲げ、世界中の人々の共感と関心を誘う町並み景観を創出し、
世界的なファッション文化と、日本・なにわのこだわり文化がうまく棲み分けできる街を目指し、これを当地域から国内外に向けた“21世紀の発信”とします。

憲章

  • おしゃれな大人心をもった人が集う街「おしゃれな大人の散歩まち」を目指します。
  • 日本を代表する商業エリアを自覚し、そうあり続けるために常に努力します。
  • 気軽に立ち寄れるムードを醸成し、楽しく、また来てみたくなる魅力あふれる街を目指します。
  • 誰にでも安全な街であるために、バリアフリー実現の推進と街の治安維持に努めます。
  • 地域の歴史・文化の継承・創造・発信に努め、これを後世に伝えていきます。
  • 街の活性化に寄与するハード及びソフト開発を促進します。
  • 長堀・心斎橋の地域住民・企業・団体は、街づくりの協議、協力を積極的に行います。